「義母と娘のブルース」高校生のみゆき役は上白石萌歌?姉も有名で歌も上手くてかわいい!

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

「義母と娘のブルース」みゆきが小学生篇の5話までが放送され、6話からはみゆきが高校生になり、第2章として物語が始まります。

小学生ん男みゆきを演じていた、子役の「横溝菜穂」ちゃん。

とってもかわいかったのですが、第2章からバトンタッチして、高校生のみゆきを「上白石萌歌」さんが演じます。

今回は、上白石萌歌さんについて調べていきましょう。

 

スポンサーリンク

上白石萌歌について

名前:上白石萌歌(かみしらいし もか)
生年月日:2000年2月28日
出身地:鹿児島県
身長:162cm
趣味:歌うこと、踊ること、詩を書くこと、サイクリング

2011年に第7回「東宝シンデレラオーディション」で当時最年少の10歳でグランプリを獲得しています。

東宝シンデレラといえば、長澤まさみさんも2000年にグランプリを受賞していましたね。

というか、長澤まさみさんが受賞した2000年に上白石萌歌さんが生まれているってことですね。

長澤まさみさんは12歳で受賞しています。

上白石萌歌さんは、グランプリを受賞後、同年にファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとして活躍しています。

好きな食べ物はそばで、夏休みがあれば全国のそばめぐりをしたいようです。

 

 

姉も有名?

 

上白石萌歌さんの2つ上のお姉さんが上白石萌音さん。

上白石萌音さんは「君の名は。」で、三派の声優を演じて一躍有名になりました。

お年産の萌音さんも、萌歌さんがグランプリを受賞した第7回東宝シンデレラオーディションで「審査員特別賞」を受賞しています。

姉妹そろってすごい快挙ですね。

萌音さんはNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」最終回でドラマデビューをしていて、その後ミュージカル「王様と私」で舞台初出演しています。

同年公開の長編アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」では初声優を務めました。

2014年公開の映画「舞子はレディ」では主人公に抜擢されて映画初主演しています。

そしてその後、舞台でも初主演を務め、翌年2015年にはミュージカル「赤毛のアン」で主演を務めることになりあす。

そして2016年に公開された大ヒット映画「君の名は。」ではヒロインである宮水光葉の声を演じて大注目されます。

デビューからものすごい勢いでスターダムにのし上がってきました。

その優れた演技力と歌唱力から、数々の賞を受賞しています。

 

 

まとめ

 

姉妹そろって大活躍しているのはすごいですね。

今回萌歌さんが出演する「義母と娘のブルース」は今期注目ドラマなので、ここでもまた知名度がぐっと上がるのではないでしょうか?

小学生時代のかわいいみゆきちゃんが見れなくなるのは残念ですが、上白石萌歌さんと綾瀬はるかさんの絡みも楽しみですね。