ハゲタカの最終回の放送日や全8話になった理由は視聴率が原因で打ち切り?

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

綾野剛さん主演のドラマ「ハゲタカ」。

綾野剛さんのセリフ「あなたはまだ生きている」が名セリフとして話題になっています。

企業買収を扱った重厚なドラマですが、前8話で終了ということなんですが、ちょっと終了が早いと思ってしまいますよね。

まさか視聴率が低いことが原因で打ち切りになってしまったのでしょうか?

ドラマ「ハゲタカ」が打ち切りという噂があるので、視聴率などから調べてみましょう。

 

スポンサーリンク

「ハゲタカ」の最終回はいつ?

 

まず、最終回の日程は、9月6日8話が最終回となり、時間延長などの情報はありません。

綾野剛さん主演の人気ドラマで話題になっているのに、8話で完結というのはちょっと衝撃です。

NHKドラマとも比較されてがちですが、批判を受けたこともありましたが、好評な意見も多かったので、ちょっとこのタイミングで終了なの?って思ってしまいますね。

津城だと10話前後のドラマが多いので、8話完結はまさかの打ち切りなんでしょうか?

 

 

「ハゲタカ」は打ち切りになったのか?

 

人気俳優である綾野剛さん主演なのに、打ち切りになってしまったのならショックですね。

打ち切りになってしまう大きな原因としては視聴率です。

1話から視聴率を調べてみると

第1話 11.9%
第2話 11.3%
第3話 10.4%
第4話 9.6%
第5話 9.9%
第6話 9.5%
平均 10.43%

抜群にいいわけではないですが、最近のドラマで二桁キープできていれば成功といわれています。

視聴率が原因で打ち切りになってしまったという可能性は少ないかもしれませんね。

この枠のドラマは、「ドクターX」以外ほぼ7話~9話で完結となっていて、わりと最終回が早く、テレビ局の方針として次のドラマまでは、スペシャル番組を放送するのかもしれませんね。

したがって、8話終了は当初から決まっていたのかもしれませんね。

しかし、視聴率を比較してみると、他のドラマより「ハゲタカ」は若干低めの数字なのかもしれません。

その要因として、経済ドラマで少し内容が難しかった点があるかもしれません。

刑事ドラマや医療ドラマが放送されることが多い枠なので、ちょっといつも見ている視聴者の方には抵抗が強かったのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

ドラマ「ハゲタカ」の最終回は、視聴率による打ち切りではないようですね。

しかし、8話で終了というのはちょっと寂しい気もします。

しかし、話題になっているドラマなので、今後もスペシャルドラマやシーズン2として帰ってくる可能性はありますね。

NHKドラマでも映画化されているので可能性はあるのではないでしょうか。

残り放送は2話となりますが、最後まで綾野剛さん演じる鷲津を見逃せませんね。