「高嶺の花」に香里奈が千秋役に!図書館でぷーさんと出会い人助け?

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「高嶺の花」に香里奈さんが出演することになりました。

なかなか香里奈さんお姿を見かけなくなっていたので、楽しみしている方も多いのではないでしょうか。

「高嶺の花」7話で香里奈さんが演じる千秋がぷーさんと出会うようです。

そんな香里奈さん演じる千秋役について調べていきましょう。

 

スポンサーリンク

「高嶺の花」に香里奈が千秋役に!

 

ドラマ「高嶺の花」に香里奈さんが出演することになりました。

香里奈さんが演じるのは千秋役となります。

千秋は人助けまでする優しい人物。

ドラマ「高嶺の花」にどんな展開をもたらすのか?

後半のキーマンになっていきそうですね。

 

 

香里奈について

 

名前:香里奈(かりな)
生年月日:1984年2月21日
血液型:A型
出身地:愛知県

香里奈さんは現在34歳です。

三姉妹の末っ子として名古屋に生まれ、15歳の時からモデルとして活躍していました。

きっかけはお姉さんである能世あんなさんがモデル活動をしていたことなんだとか。

ちなみに能世あんなさんは2015年に芸能界を引退しているようです。

そして真ん中の次女、えれなさんも香里奈さんと同じ事務所、テンカラットに所属しモデルをしています。

こんな美人三姉妹なら、地元でも有名だったでしょうね。

そんな香里奈さんですが、2000年にファッション雑誌「Ray」の専属モデルとしてデビューします。

モデルとしては2007年の東京ガールズコレクションのランウェイに登場して以来、連続で出演しています。

2009年の新しいファッション雑誌「GINGER」の主力モデルとなるなど、モデル会を牽引してきました。

女優としては2001年の「カバチタレ!」で山下智久さんの恋人、春奈役を演じて以来、多くのヒット作に出演しています。

初主演ドラマはオムニバスドラマ「翼の折れた天使たち」の「商品」という作品です。

その後も主演やヒロイン作は多く「だいすき!!」「リアル・クローズ」「フリーター。家を買う。」「私が恋愛できない理由」など。

このように、モデル出身でありながら女優として成功している女性として話題になりましたね。

 

 

「高嶺の花」で香里奈が演じる千秋役は?

眼鏡をかけておとなし目の服装の香里奈さんが演じるのは、「隠された一面のある眼鏡女子」で看護師の新庄千秋。

図書館でぷーさんと同じ本を取ろうとする、という少女漫画のような出会いをするようです。

これはまさか新しい恋の始まりなんでしょうか?

千秋は一見地味ですが、車のハンドルを握ると人格が変わる、という隠された一面もあるようです。

香里奈さんは2009年に野島伸司さんの作品「ラブシャッフル」に出演していて、優しくもサッパリしていて男前な通訳者、愛瑠を演じています。

さて、千秋の登場でドラマはどう展開していくのでしょう?

 

 

まとめ

 

香里奈さんはこの役について

野島さんならではの世界観を大切にしながら、演じられることを楽しみにしています。

とコメントしています。

さて、香里奈さんが演じる千秋は、これからどのようにストーリーに絡んでくるのか?

ドラマの展開とともに、久々の香里奈さんの演技力にも注目したいですね。