「サバイバルウェディング」で結婚するのは柏木?宇佐美?和也?原作ネタバレでは…

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

共感できると評判のドラマ「サバイバルウェディング」

元婚約者の和也、こんかつのあどばいすをしてくれる宇佐美編集長、そして年下のイケメン・柏木祐一。

いったい最後には誰と結婚することになるのか気になります。

波留さん演じる黒木さやかは誰を選ぶのでしょうか?

原作ネタバレをまとめていきましょう。

 

スポンサーリンク

さやかと和也はどうなるのか?

 

浮気が発覚し、婚約破棄した風間俊介さん演じる和也。

ですが別れた後も体だけの関係を続けてしまうなど、さやかは和也のことをズルズルと引きずります。

しかし、さやかが30歳の誕生日に、和也とのわかれを決意する出来事が起きました。

和也の誘いに乗って、和也のマンションへ行ってしまうさやか。

和也がドアを開けて、さやかが部屋に入るとキッチンからエプロンを付けた女が出てきました。

別れるきっかけとなった浮気相手の女性!

その女は「私たちもうすぐ一緒に住むんです。もう会わないでもらえますか。和也ずっとあなたのことセフレだって言ってました」とさやかを罵ります。

さやかは追い出され、さやかにとって和也のことは忘れたいというつらい思い出となってしまいました。

その後、さやかは祐一との仲が上手くいきそうで、和也のことを忘れていました。

そんなあるとき、和也がさやかのマンションで待ち伏せします。

「俺が悪かった。さやかがいなとダメなんだ。やり直そう」

目に力がなく、髪もベタっとして、いつもの和也とは違います。

実は和也は、会社でリストラされてしまったのです。

学生のときはスポーツも勉強も優秀だった和也。

社会に出ると井の中の蛙だったと思い知らされます。

その悩みをさやかに打ち明けられず、キラキラした和也を知っているさやかに言い出せなかったのです。

和也の正直な気持ちを聞き、さやかは4年間も付き合っていたのに、和也がこんなに苦しんでいたこと、和也の本心を知ろうとしていなかったことを反省します。

ですが、さやかの和也への気持ちはもうありませんでした。

婚約破棄したとき、和也は「さやかといると辛いんだ」といっていましたが、そういう背景があったんですね。

弱い部分を見せられなかった和也、それを知ろうとしなかったさやか。

この辺も共感を得そうですね。

 

 

さやかと宇佐美がくっつく可能性も?

 

伊勢谷友介さんが演じる、宇佐美編集長。

ネットでは「宇佐美とくっつくのか?」と話題になっていますが、原作ではどうなんでしょう?

結論から言うと、宇佐美とはくっつかないでしょうね。

ですが、さやかの気持ちが揺らぐシーンがあります。

「半年以内に結婚しないとクビ!」というひどい条件を出してきた編集長なんですが、実はさやかを前の編集部から引き取った理由があったのです。

宇佐美はさやかの描いていたグルメ記事を読み、「才能がある」と感じていたのです。

「この子には才能があるからrizで引き取りたい」と宇佐美から言い出したのだと聞かされたさやかは、宇佐美辺お見方を変えていきます。

さらに、多香子が精神的なダメージから会社に行けなくなったとき、時計をプレゼントした話を聞き

「宇佐美はいいやつなのかもしれない。普段は口が悪くて絡みづらくて面倒な人だけど、間違ったときは強くしかってくれる。自分の人生にいてくれてよかった」

と思うようになります。

そして、ふと宇佐美の笑顔を見た時に、恋人の前ではこんな笑顔をするのかと考えてしまいます。

実はこのとき、さやかは祐一からプロポーズされていたのですが、結婚するべきか悩んでいました。

その悩んでいた原因が、編集長への気持ちだと自覚します。

さやかは気持ちが昂ぶり、自分の想いを伝えようとします。

そのとき、宇佐美に電話がかかってきてしまいます。

猫なで声でスポンサーと電話する様子を見て「自分なんて入る余地がない人なんだ。編集長にはずっとこのままでいて欲しい」と、気持ちの整理をつけることができました。

さやかと宇佐美がくっつくことはありませんが、さやかは宇佐美に好意を持つことになるんですね。

でも宇佐美は、全くさやかに恋愛感情はありませんでした。

ドラマではもしかすると、違う流れがあるかもしれませんね。

 

 

さやかと祐一は結婚するのか?

 

吉沢亮さんが演じる、イケメン男子・柏木祐一。

打ち合わせで出会った祐一に、さやかは一目ぼれ。

ランチや偶然会った合コン、仕事などで距離を縮めていき、2人は毎週末に会う関係になっていきます。

しかし、さやかには悩みがあり、毎週デートしているのに、祐一から手を繋いできたり、体を求めてきたり、付き合おうと言ってきたりしないのです。

育ちが良すぎて、結婚するまでそういうことをしてはいけないと育てられたのか?

自分に興味がないのか?

今どきの草食男子なのか?

さやかは悶々としていきます。

悩みに悩んださやかは、勇気を出して「私たちって付き合ってるのかな?」と聞くと…

「俺と一緒にインドに行ってほしい。さやかさん好きです。僕と結婚してください」と、祐一からプロポーズされます。

もちろんさやかの返事はOK!

インドへの移動を勧められているといっていたので、転勤ならせいぜい3年くらいだし、海外手当がつくから結構いい暮らしができると現実的に考えていました。

しかし、実は会社の海外異動ではなく、会社を辞めてインドで事業を起こすつもりだったのです。

それを聞いたさやかは、本当に食べていけるのか不安でした。

祐一のことが好きだけど、会社員としての安定した暮らしあってのこと。

どうにかインド行はやめてくれないと考えていました。

宇佐美は「環境を変えることを恐れるな。男が仕事に失敗したら支えてやれ」といいますが、そんなに簡単にはいきません。

先行きの見えない、不安な生活はしたくない。

「やっぱりインドには行けない」と結論を出したさやかは、祐一に伝えに行きます。

「私は祐一が思っているような女じゃない。祐一がかっこよくてちゃんとした会社で働いているから好きになった」

と正直に話すと…

「そんなことどうでもいいよ。俺は自分の目でさやかを見てきた。それで一緒にやっていきたいって思ったんだ」

と言ってくれました。

そしてインド行きの飛行機のチケットを渡されます。

それは、さやかの母親の分のチケットでした。

さやかだけは頻繁に日本に帰れるようにするし、さやかの母親が望めば、最終的にはインドに一緒に住みたい。

そのために頑張るというのです。

それを聞いてさやかは、祐一は芯が強くて、夢に向かって努力するこtのできる人だと感じました。

そして何より、自分を愛してくれて必要としてくれている。

そんな祐一に飛び込んでみてもいいのではないかと、さやかは考えます。

「無職になったら私が養ってあげる」

そう宣言し、祐一とさやかは結婚します。

 

 

まとめ

 

サバイバルウェディングの原作ネタバレをまとめてみました。

読んでいる途中、これは編集長とっていうのも考えましたが、誰とも結婚しないパターンも考えられましたね。

まさか計画通りに、祐一と結婚するとは思いませんでした。

ドラマはほぼ原作通りに進んでいるので、ラストも原作通りに行くのではないでしょうか・

ただ、原作にはない設定もあるので、ドラマならではの展開もあるのか期待しましょう。