au三太郎のCMで浦ちゃんの家が完成?お台場にも…!新曲は秦基博が作曲?

人気CM
スポンサーリンク

auの新CMが7月25日から放送されています。

三太郎シリーズのCMでau家族ナツ得「おうちの歌」篇が公開されています。

ついに浦ちゃんの家が完成しましたね。

いったいどんな家になったのか気になりますね。

auの新CMについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

au「おうちの歌」篇

 

auの新CM「おうちの歌」篇を見ていきましょう。

 

ついに浦ちゃんの家が完成しましたね。

胃炎おモチーフは「亀」なんだとか!

素晴らしいデザインで見事な建築技法でつくられたのかもしれませんね。

そしてCMで、浦ちゃんの新曲が披露されています。

三太郎シリーズから生まれた名曲「海の声」からもう3年も過ぎたのですね。

そして今回、ついに待望の浦島太郎(桐谷健太)の新CM局が浦ちゃんのお家とともに完成しました。

曲名はCMメイト同じく「お家をつくろう」。

作詞は、篠原誠さん。

作曲は、秦基博さん。

今回の曲に込めた内容は「いつも誰かが待ってる、いつも誰でも立ち寄る、そんな場所になるといいな」と友人たちを心から愛し、さらにこれからできるであろう家族を愛する男のマイホーム完成記念ソングになっています。

では、このCMソング「お家をつくろう」を作詞した篠原誠さんと作曲した秦基博さんについて調べていきましょう。

 

 

篠原誠とは?

 

篠原誠さんは、クリエイティブ・ディレクター。CMプランナー、作詞家です。

大手広告代理店・電通を経て独立、現在は篠原誠事務所の代表取締役CEOを務めています。

篠原誠さんが手がけたCMは、auの三太郎シリーズ

この作品で、篠原さんは「2015クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

CMソングの作詞も行い、浦ちゃんの「海の声」や鬼ちゃんの「見たこともない景色」、WANIMAの「やってみよう」、AIの「みんながみんな英雄」も、篠原誠さんが手掛けています。

 

ご自身で考えたCMに合わせた歌詞なので、イメージはしやすかったかもしれませんね。

このほかにも、UQモバイルの三姉妹シリーズや家庭教師のトライシリーズ、エステー化学「消臭力」など、みなさんもご覧になったことがあるのではないでしょうか。

続いて作曲した秦基博さんについて調べていきましょう。

 

 

秦基博とは?

名前:秦基博(はたもとひろ)
生年月日:1980年10月11日
身長:178cm
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市青葉区
職業:シンガーソングライター
趣味:野球、ボウリング、ビリヤード
所属事務所:オフィスオーガスタ

秦基博さんの代表作といえば、「ひまわりの約束」しょうね。

 

この歌を聴くだけで、胸が熱くなりますよね。

夏休みになると子供たちと一緒に見たくなる映画です。

 

 

お台場に浦ちゃんのお家が…

 

少女からの実際のお手紙をきっかけにスタートした浦ちゃんの家づくり。

浦ちゃんのお家は2018年7月28日より、お台場で公開されています。

完成した浦ちゃんの家は、やはり浦島太郎といえば「亀」ということで、亀の甲羅をモチーフにした丸みのあるデザインになっています。

家の中に入ると、中心に囲炉裏のある広い部屋となっていて、釣り竿など多数の釣り道具や三線が置かれていて、CMに登場した元の家に合った流木の寝床がそのまま採用されています。

 

 

まとめ

 

今回のCMでついに浦ちゃんの家が完成しましたね。

次回はどんな展開になるのか楽しみです。

家もできたことだし、乙姫の菜々緒さんと何か展開があっても面白いですね。