「高嶺の花」ももの父親の狙いは復讐?母親と出生には秘密が…!

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

いろんな人間関係が入り乱れていて、当初はつかみどころがなかった「高嶺の花」も広範囲なりかなり面白い展開になってきましたね。

ななが市松や龍一にも操り人形のように洗脳されてしまっているのは少し同情しますね。

復讐の鬼となったなながももとの次期家元争いでどのような決着を迎えるのか?

龍一が月島家にかかわりを持つ理由も明らかになります。

月島家と同じように京都神宮流の次期家元争いのため月島家を取り組もうとしていたんです。

「高嶺の花」の8話では、ももとななの次期家元争いが本格化してきます。

結末まで見れるのか?

また、謎に包まれているももの母親について、ここにきてももの父親が運転手で母親と何があったのか?

市松の本当の狙いとか、過去に何が起きたのでしょう?

 

スポンサーリンク

ななとももはどっちが次期家元になるのか?

 

ももとななの次期家元争いが激化しましたね。

特にななが母親をあしらう感じが、いきなりどSキャラで意外とありかもしれませんね。

次期家元争いで披露された花!

片方は奇抜な派手な花、もう片方は落ち着いた全社とは正反対の花。

同点で迎え、最後の一票では父親である市松にゆだねられました。

結果、市松が投じたのは奇抜で派手な花でした、

月島家の次期家元に選ばれたのは、ななの方でした。

その結果を見た、神宮流の次期家元候補である兵馬が「月島は終わったな」と一言いい捨てます。

そして、龍一の口から語られたのは家元の市松と龍一はグルだったということ。

市松の指示で龍一は、ななと母親に近づき市松好みの次期家元ななを作り出そうとしていたんです。

龍一とななの母親との関係も全て市松の計画通り。

月島家のためということもあるのでしょうが、恐ろしいですね。

次期家元争いに敗れてしまったももは、前回のななのように壊れてしまいます。

完全に兵馬に操られているようで、ももとななは神宮流の男に弄ばれて過ぎているようですね。

兵馬の元からももを連れ出すぷーさん。

兵馬に向って「彼女を騙すのはやめてください。次の機会はねーよ!」ぷーさんにしては珍しく強気の発言でしたね。

千秋はやはりサブキャラになってしまうのか?

結局はぷーさんとももがくっつく展開になるのでしょうか?

次週は、京都神宮流でも、次期家元争いがあります。

こちらも龍一は兄に打ち勝つことができるのか?

そして、もも自身の出生の秘密も知ることになるようです。

 

 

ももの父親である市松の狙いは復讐なのか?

 

月島家の家元争いはどうなってしまうのか?

ももとなながともに血筋に翻弄されている感じですね。

ななは神宮流の家元争いに巻き込まれて復讐の鬼になるし、ももは亡くなってしまった母親と運転手の間に生まれた子供ですからね。

まだその真相は明らかになっていませんが、母親と運転手、この関係はただの不倫関係ではないような気もします。

ももがぷーさんにしたことが伏線になっているのか?

市松はあえて、母親に運転手との間に子供を生ませたということもありますよね。

もしくは、本当に不倫関係だとしたら、血の繋がっていないももを介して復讐しようとしているのでしょうか?

ももの出生の秘密はどちらなんでしょう。

次週の9話ですべて語られるのでしょうか?

 

 

「高嶺の花」今後の展開はどうなる?

ななに続いて、ももまでボロボロになってしまいます。

千秋との仲も気になるのですが、やっぱりももをぷーさんが救うのでしょうか?

2人が復縁することはあるのでしょうか?