ドラマ「チア☆ダン」2話で委員長の麻子が欅坂46MVサイレントマジョリティーを…

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「チア☆ダン」2話で佐久間由衣演じる桜沢麻子がスマホでMV見ていました。

主人公の藤谷わかばたちがチアダンで楽しくしている姿は、優等生の麻子が自分もやりたいことがあると話していました。

若葉が何か聞いても麻子は話しませんでした。

その後、麻子がスマホで見ていたMVが欅坂46の「サイレントマジョリティー」でネット上が話題になっていました。

 

スポンサーリンク

麻子がスマホで見ていたMV

 

主人公の藤谷わかばがチアダンに夢中になっている中、学校の共闘で同じクラスの優等生の麻子は冷たい目でいました。

しかし、自分にもやりたいことがあるといっていました。

その後、わかばは麻子にやりたいことは何か?と聞いていました。

麻子はわかばには伝えませんでしたが、その後、麻子はスマホでMVを見ていました。

それが、欅坂46の「サイレントマジョリティー」でした。

これはネット上でも話題になりました。

 

 

麻子にはやりたいことが…

 

2話のラストでロケッツという名前を付けたチアダンス部。

終業式の最後に3分だけチアダンスを踊ることをお願いします。

そして、わかばたちは全校生徒の前でチアダンスを披露。

曲はMISIAの「HOPE&DREAMS」でした。

全力で踊ったわかばたちに心を動かされた柴田茉希が入部することに!

そして残り1人で部活として成立することになるところで、麻子が話を始めます。

それは麻子がチアダンス部に入部するというのでした。

麻子のやりたいこととは、チアダンスでわかばたちと今やることだったのです。

教頭の父親は猛反対するのですが、麻子は勉強も頑張るからと説得するのです。

そんな様子を見た誰かが「委員長がチアダンスって…」と笑っていました。

それを聞いたわかばは「人のやりたいことを笑うな」と一喝。

麻子が改めて入部を希望して、チアダンス部は無事8人そろったのです。