わたし、定時で帰ります

「わたし、定時で帰ります」 8話のネタバレや感想!仕事と家庭どっちを選ぶ?

わたし、定時で帰ります メイン画像

ドラマ「わたし、定時に帰ります」も最終章に突入し、結衣と巧、晃太郎の恋愛模様が気になります。

両親尾熟年離婚を回避してほっとした結衣でしたが、福永が何やら企んでいるようです。

では8話のネタバレや感想をまとめていきます。

「わたし、定時で帰ります」8話のあらすじ

福永(ユースケ・サンタマリア)の昔のクライアントで、赤字必至な星印の案件が厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。

ディレクターには賤ケ岳(内田有紀)が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進める。

そんな中、賤ケ岳に夫・陽介(坪倉由幸)から「おふくろが倒れた…」と連絡が入り、陽介は一人で急遽熊本に帰省することに。

東京に残り、一人で双子育児に仕事に奮闘する賤ケ岳であったが…。

一方、一緒に住みはじめて順調そうな結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)だったが、ひょんなことから喧嘩になってしまう――。

引用:公式サイト

「わたし、定時で帰ります」8話のネタバレ

前回に、社内審査に通らないと思われていた福永が作った安すぎる見積もりが通ってしまう。

東山は「ありえない…」とつぶやく。

チーフには賤ヶ岳が選ばれ、東山は審査をした担当に分けを聞く。

担当曰く、丸杉常務が強引に通したという。

そんなときに賤ヶ岳の元に夫の陽介から「おふくろが倒れた。」と連絡が来ます。

賤ヶ岳は急いで自宅に戻り、陽介と一緒に母に会いに行こうとするのですが、陽介は1人で母のもとに向かいました。

検査の結果、母は脳梗塞だったといい、話を聞いた東山は心配します。

賤ヶ岳は「心配をかけたくない」と他の社員には秘密にするように頼みます。

星印の案件でてんやわんやの中、結衣と巧の家に巧の母がやってきます。

巧の帰りが遅くなったため結衣が相手をします。

そこで結衣は専業主婦だった巧の母が、自分も働いてみたいと感じていたことを知る。

義母の帰宅後、結衣は巧みに義母が働いてみたかったといっていたことを話します。

ですが巧は、母が働かなくても暮らしていけたと言い出します。

結衣は働くのはお金のためだけではないといい、巧は億万長者になったら働かないといいます。

結衣は巧と働くことに対する考え方の違いを痛感します。

そんな中結衣は、夫が母親の看病に実家に帰っている賤ヶ岳の家事と育児を手伝うため、賤ヶ岳のの家を訪問します。

そこで賤ヶ岳の夫は母親の看病のため実家の熊本に帰ると言い出したことを告げられます。

賤ヶ岳は自分も一緒に夫の実家に帰るべきか悩んでいるという。

そこに仕事を終えた巧も賤ヶ岳の家に駆け付けました。

家事と育児を手伝うのでした。

巧がラー油を買いに行っている間に、賤ヶ岳と結衣が種田の話をします。

この話の途中に巧が返ってきて、話を立ち聞きしていました。

後日、巧は職場の飲み会に参加し、そこで職場仲間から婚約者の結衣が元カレである種だと働いていることについて器がでかいといわれます。

酔っぱらって帰宅した巧は、結衣に強く当たってしまうのでした。

巧は結衣が前の職場でつらい思いをしていたことを種田に話していたのに、自分には何も話してくれないことを責めます。

結衣が億万長者になっても仕事を辞めたくないのは、職場に種田がいるからだと怒るのです。

結衣は好きなのは巧みなのに信じてもらえないことにいら立ち家を飛び出します。

中華料理店の上海飯店で1人で酔いつぶれていました。

そんな上海飯店に種田がやってきます。

閉店となり、種だが結衣にタクシーで帰るように促すのですが、結衣はかなり酔っていて話になりません。

翌日、目を覚めした結衣は、種田にお礼のメモを残して期待します。

帰宅すると巧に謝罪され、結衣も謝ります。

一方で賤ヶ岳は、夫が自家kに帰ることで自分も付いていくか悩んでいました。

自宅で育児と家事を知る賤ヶ岳のもとに、実家の熊本に帰っているはずの陽介が帰宅します。

驚く賤ヶ岳に陽介は、今日が結婚記念日だということを話すのです。

賤ヶ岳と陽介は結婚した際に、どんなに忙しくても結婚記念日だけは一緒に過ごすと約束したからだ。

自分は結婚記念日を忘れていたにもかかわらず、約束を守ってくれた夫に感動して決意を決めます。

後日、賤ヶ岳は結衣にしばらくしごとを休んで夫の実家に帰るという決意を話します。

悩んだ結果「結局、理屈ではなく、家族みんなで一緒にいたい」という結論に至ったらしいのです。

賤ヶ岳はそんな自分の決断を、仕事を途中で投げ出すなんて身勝手で非難されても仕方がないというのです。

結衣はそんな賤ヶ岳に「先輩は間違ってないんじゃないですかね。私も考えてみたんです。自分ならどうするかなって。でも答えは出ませんでした。だから、覚悟を決めて決断した先輩は凄いと思います。」と言葉をけるのでした。

賤ヶ岳は結衣におれいを言い、その後福永に休職届けを出しました。

福永はせめて星印の案件が終わってからではダメか?と説得しようとするのですが、賤ヶ岳はただ謝るだけでした。

福永が賤ヶ岳を責め立てると、結衣が見かねて「チーフは私が引き継ぎます」と宣言してしまいました。

そんな中三谷も「私も全面的にサポートします。事情は存じませんが賤ヶ岳さんが無責任に仕事を放りだせる人じゃない。」と申し出るのでした。

賤ヶ岳は結衣や三谷、制作4部のメンバーにお礼を言います。

賤ヶ岳の件は結衣がチーフに変わったことで一件落着しました。

結衣が種田に、酔っぱらた夜について謝ろうとするのですが、ちょうど福永から呼び出されます。

福永は結衣が定時で帰ることで、チームの士気が下がると言い出し、休日出勤している種田がこのままだと倒れてしまうというのです。

種田が福永の会社を辞めてネットヒーローズに来た理由を福永が話すのでした。

「わたし、定時で帰ります」8話の感想

巧との関係や仕事の面で、結衣は徐々に下降気味になってしまいます。

結衣が助けていた愁が今後結衣を助ける立場になりそうです。

徐々に週の精神面が落ち着いてきているので、愁は社会復帰して結衣や晃太郎を助けることになるのかもしれません。

結衣が与え続けてきた無償のやさしさが愁を強くしてくれて、愁が変わりつつあるのです。

福永の斜め上に行く思想にストップを書けてくれそうで期待してしまいます。

「わたし、定時で帰ります」8話のまとめ

福永が作った安すぎる見積もりは、丸杉常務の圧力で社内審査が通ってしまいました。

巧は晃太郎に嫉妬して、結衣とケンカになってしまいますがなんとか仲直りすることができました。

賤ヶ岳はおっとの陽介を追って熊本に行くことを決意し、給食することを決めます。

賤ヶ岳が請け負っていた仕事は結衣がすべて受け継ぐことになるのです。

福永が言う晃太郎が辞めた理由も気になります。

ABOUT ME
masa
CMやドラマの気になることなど 役立つ情報を満載にしていこうと 思うので応援よろしくお願いします!
ドラマの見逃し配信は「U-NEXT」がお得!

U-NEXTU-NEXTは完全無料で視聴することができます。

無料期間中に解約すると、解約金もかからず本当に無料で利用することができます。

 

U-NEXTは初回30日間無料!

NHK番組はもちろん「U-NEXT」では国内外のドラマや映画、アニメなどのレンタル作品も含めて、最大で14万本が動画見放題です!

継続特典として毎月1200ポイントが無料でプレゼントもあります。

 

U-NEXT